■ ヒラメが沈んでいる?

c0077827_21431924.jpg

以前、ふーすけさんと釣りに行った時に、こんな言葉を聞きました。
「今日はヒラメが沈んでいるみたい。」
ヒラメって、いつも底に沈んでいるんですけど.......?





年間50枚くらい釣る地元のスーパーアングラーの方には、笑われそうですが、
今シーズンより本格的にサーフデビューしたので、ちょっとまとめてみました。

ヒラメをミノーで釣る場合、トップ下から中層くらいまでを意識して通します。
ミノーの"潜航レンジ"っていうのが、どの辺りを通すかに関わってきます。
もちろん波打ち際が近くなれば、浅くなるので底付近を通すことになります。
飛距離によっても、水深が変化します。

サーフで周りのアングラーを観察すると、いきなり底を狙うことはしない様です。
浅いレンジから順番に下げて行き、ヒラメを釣っている様です。
いきなり底から攻めて、スレられるのを防ぐ為でしょうか?
周りが浅いレンジで攻め続けて釣れていないなら、深めを狙う方がいいと思います。

c0077827_2227572.jpg

"活性の高い時"なんかは、トップで釣れることもあるようです。
僕もTDソルトペンシルで狙っているのですが、まだ釣ったことがありません。

c0077827_22284395.jpg

基本的には、底にいるヒラメの上を、ミノーを通して釣るわけです。
トップ下付近なら、ヒラメは底から一気に浮上しアタックをかけて来ます。
レンジが下がるに連れて、ジャンプをしたり、反射的に食いつきます。

底にいるヒラメが、トップや浅いレンジで釣れると、なんだかとても嬉しいです。
ただ、中層でさえ、なかなか浮き上がって来ないことの方が多いです。
そんな状況の時にアングラーは、「今日はヒラメが沈んでいる。」と言うようです。
でも、それっていつものことのような気もします。笑

底にいるヒラメが、浮いて来ないのには何らかの理由があるかも知れません。
・潮の流れが....なんか違う。いまアタックしても逃げられる。
・お腹いっぱいで、そんなに食い気なし。
・あんまり旨そうじゃないなぁ。
・あれはエサじゃないぞ。怪しい....。
などなど。

c0077827_2234356.jpg

浅いレンジから始めても釣れない為に、次第にレンジを下げて行きます。
僕の場合、浅いレンジのミノーがどうも上手く使えません。
裂波120くらいになると、ようやく使える気がします。
そしてカレントマスター11S-Gで、ヒラメを拾っています。
それでもダメなら、サーフトレック125Sです。

ある程度のレンジを決めて、それがダメならRUN&GUNという人もいると思います。
僕の場合は、移動は最小限です。歩き回ると疲れるし...。

プラス思考なので、ヒラメは基本的にどこにでもいると思っています。
浅いレンジまで追ってくる腹ぺこヒラメに当たらなくても、最終的には釣れるはず。
トップ下のミノーに食いついて来ないヒラメも、全くの無関心ではなく、気になっているはずです。
だんだんと自分に近づいてくるミノーに、焦らされて、最終的には、思わず飛びついてくるイメージです。

トップ下から中層までは、ゆっくり巻いています。
レンジが下がるほど、少しずつ早く巻き、最終的にはかなり早巻きです。
アクションは控え目。やっても一瞬止めるくらいです。

c0077827_22355729.jpg

サーフトレックなんかは、かなり重たい引き心地です。
それでも、最終兵器としてはかなり良い仕事をしてくれます。
実際どのくらい潜っているのやら?

c0077827_2237183.jpg

魚道ヘビーサーファー90が、どうも上手く使えません。
逆の発想で、使う前に別のルアーで釣っちゃえばいい?
代わりに底をカバーしているのが、ハニートラップ95Sです。
潮の流れが穏やかなら、出番が増えます。
時にシンカーを付ける暴挙に出たりもします。笑

c0077827_22552516.jpg

それでもダメならバイブ系?サーフではまず使わないと思います。
むしろサーフ横のテトラから、水深のあるポイントを探る時です。
プロディジーを使わないのは、フック付きで売っていないから....。

あぁ、ヒラメ釣りたいなぁ〜。
あの平べったい魚が大好きです。
一日3枚とか釣れたら、楽しいだろうなぁ〜。
[PR]

by gattyo55 | 2008-09-09 23:11 | ■釣り行きたーい。  

<< ヒラメリミテッド ヒラメのルアー >>