■ 五里霧中。

c0077827_14438100.jpg

7月6日朝6時、若干寝坊して釣場に到着しました。
霧の中で竿を振るアングラーがたくさんいます。
あと数時間もすれば炎天下、短時間勝負です。



毎週の様に叩かれまくり、土曜日もルアーを通されまくったポイント。
普通にやって釣れるのか、いつも考えてしまいます。
周りの人を見ると、ルアーサイズは僕よりもかなり小さめです。
釣れない時のサイズダウンは、たぶん正解です。
そして見切りの早さ。この場所は釣れないようです。
隣にいたルアーマン達は、あっという間に遠くへ行ってしまいます。

僕は同じコースに、ルアーを何度も通します。
ルアーの動かし方も変えてみます。
真っ直ぐで反応がなければ、斜めのライン。
そしてカラーチェンジ。

一瞬、目を疑う光景が....。
フルヌードの小学低学年の男児が、波打ち際で変なダンスをしています。
エサ釣りに飽きて、親が服を脱がせて遊ばせています。
確かに海水浴も始まりましたが、いい加減にしてほしいです。
その謎のダンスは何なんだ....?(怒)

あんまりうんざりしたので、場所移動しました。
さすがキングデーモンフッカー、フグを掛けまくりです。
ぷくぷくに膨れたフグは重たいです。
この日は15匹掛けました。

c0077827_204896.jpg

底を意識すると、マイクロカレイです......。
かわいそうに内臓を貫通してしまいました。
ゴメンナサイ。

c0077827_255233.jpg

今までとちょっと違ったパターンを試すと、カニまで釣る始末....。

炎天下の中、ウェダーが浸水....。
3000円の安物は、防水機能が突然逝かれました。
初めはチョロチョロ....。
その後は、堰を切った様に水が入って来ました。
まるで潜水艦の乗組員になった気分です。
水から上がって車まで歩いて行きましたが、今度は潜水夫の様です。
ウェダーに水がどっぷり入って、一歩一歩が重労働.....。

着替えて、防波堤から竿を振ることにしました。
最後の大逆転を信じて、カレントマスター11を投げまくります。
午後6時過ぎ、反応もなく終了です。

疲労困憊し、惨敗。しかも浸水し、ずぶ濡れ。
敗北感で一杯でした。
ガソリン代も高騰し、釣具にもお金を掛け過ぎています。
今までのペースでヒラメを追いかけるのは、もはや不可能です。
しばらく、近場でワーム主体のマゴチゲームでもしようと思います。
[PR]

by gattyo55 | 2008-07-08 02:23 | ■釣れなーい。  

<< どうしたものか....。 電車でGO。 >>