■ 粘りに粘って、ようやく...。 (10月24日)

c0077827_20403727.jpg

今日はbaomiさんと、大洗港沖堤防に平日釣行することになりました。
日立沖堤防でのヒラメ不漁に業を煮やし、爆釣伝説のある大洗沖堤を選んだのです。
初めての大洗沖堤に、前日から興奮気味です。笑





午前2時、自宅を出発。給油やコンビニで買い物をして、眠った頭を起こします。
なんだか頭痛がヒドいです。寝不足か....? 肩こりか....? 内臓疾患か.....!? (汗)
戸田東から高速に乗り、いつものように千代田SAで休憩。
SA内のファミリーマートでサッポロ一番のおにぎりを買いました。

午前4時、大洗港に到着。船着場を探すが、場所がわからない...。こまったなぁ。
あきらめてbaomiさんの到着を待つことにしました。眠い...。

午前5時頃、ウトウトしていたらbaomiさんが颯爽と現れる。
baomiさんが船着場を探しに行ってくれて、目星をつけてくれました。
二人でそこに向かい、ウロウロ...。沖堤に渡る人を見つけて安堵する。ホッ。

その後、"財布失踪事件"が起こり、車内&周辺を捜索。
"大正デモクラシー"...じゃなく、"灯台下暗し"なところで発見しました。

c0077827_2041465.jpg

大洗沖堤防にはGoogleのMapで見てもわかるのですが、イケスがあります。
この中のイワシを狙いに、イケスの下にはヒラメがウヨウヨいるとの噂がありました。
ワームで探ったのですが、まったく反応がありませんでした。
イワシは入っているのでしょうか? 思ったより水深もありません。
常連さんの情報では、今年は出遅れているとのことです。

c0077827_20405072.jpg

初めはピンクのワームでしたが、反応がないのでカラーチェンジ。
今日の正解は何色なんだろうか?

大洗沖堤では、アジが絶好調!
朝方はイシモチが入れ食い状態!
クロダイやメゴチも上がっているそうな!

イケスと堤防の間に漁船が入って来て、「竿を上げろ!」と怒鳴り散らしていました。
まるで暴走族。きっと今日だけのことではないのでしょう。
釣り人と漁師は敵対関係なのかも知れません。

c0077827_20411533.jpg


baomiさんの"ダウンショットプルプル作戦"も見ることができました。技ですなぁ...。
僕の"タコベイトフワフワ作戦"は、まったく意味ありませんでした。
午後1時半、終漁。苫小牧からやってきたフェリーを見ながら帰港する。

====大洗沖堤防への渡船情報をまとめてみました。==========================
まずHPはこちらです。音の出るページなので仕事中にこっそり見る人は注意!!
問い合わせは090−4958−4053 栄光丸へ。
電話で聞く時は、時間帯もよく考えて、大人のマナーを忘れずに。
気さくにいろいろ教えてくれました。
船着場はここです。
渡船時間は電話で確認してください。
今日は朝5時50分と6時30分でした。
乗船して沖堤に向かう途中で、番号札を受け取り、乗船名簿を書きました。
釣りをしていると、渡船代3000円を集めに来ます。
スタンプカードがあり、10回来ると1回タダになるそうです。
船着場からの上下船は、高低差があり、バケツリレーのように荷物を受け渡します。
できるだけコンパクトにしておくと良いです。
土日は混雑するそうです。
=====================================================================


すき家で食事をしながら、ヒラメはどこに行ったんだーと、嘆きました。
花粉症がヒドいので、目も開けにくい状態です。
セイタカアワダチソウかススキの花粉です。薬を飲みました。
時計を見るとまだ2時半。もう1ラウンド行っちゃいましょうか?
選択肢は....、
  ・那珂川河口
  ・那珂湊
  ・東海サーフ
  ・日立港新堤防
僕一人なら近場で、(血迷って)那珂川河口を選んでいたかもしれません。
baomiさんが日立港新堤防を選んでくれたのが、正解でした。

午後3時頃、日立港第五埠頭には車がたくさんあります。平日なのに...。
久慈川河口を歩いていると、イシモチーズがいつもより少なめです。
新堤防に行く前に、久慈川沿いも攻めることにしました。

鮭が群れをなして泳いでいます。時折、ジャンプして波しぶきを上げています。
ワームは食ってくれません。"ウキルアー"やってみたくなりました。笑
タコベイトにサンマの切り身とか....。

いつもは使わない軽量ジグヘッドに、パラマックスの組み合わせです。
底を意識して、褐色?の水の中で泳ぐ姿を想像しながらワームを引きます。
軽量ジグヘッドでも思ったより、安定してワームを操作できました。

c0077827_2041347.jpg

基本は足下からだよなぁ〜と思い、遠投する前に扇状に下流方向から攻めてみます。
数投目、プルルっと反応あり。食ったか?....くわえたのか?
もう一度プルルっと生体反応を確認し、合わせを入れました。
軽い...けど、頭を振っています。一瞬、釣ったことのないイシモチか?と思いました。
baomiさんがタモ入れしてくれました。ありがとうございます。
マゴチ37センチ、なんともかわいいサイズです。

マゴチを釣ったことで、また一つワームのコツを掴んだ気がしました。
それは、"水流をとらえること"です。
ワームが不自然にならない様に、それでいて目立つ様に。

c0077827_20414960.jpg

マゴチから30分ほどで、またアタリがありました。
今度はバタフライキック。すぐにヒラメだとわかりました。
baomiさんに声をかけ、慎重にリールを巻くと水中にかわいいヒラメが見えました。
小さくても貴重な一枚です。38センチの小ヒラメ(ソゲ)でした。

c0077827_2042127.jpg

リリースしてもいいサイズですが、左目にフックが刺さっています。
慎んで、食させて頂きます。

新堤防へは行かず、日没前に上がることになりました。
帰ろうと思ったら、携帯電話がありません。
"財布失踪事件"に引き続き、"携帯電話失踪事件"も起こるとは...。
車内を捜索すること2回、ようやく発見しました。よく物が消える車だこと...。
頭痛がヒドいので東海PAで1時間仮眠し、午後8時に帰宅しました。


c0077827_20424678.jpg

帰宅後、改めてまな板の上で計測しました。
表面を洗って、冷凍庫へ。

baomiさん、本当に長〜い1日でしたね。お疲れさまでした。
この次は、僕がbaomiさんのヒラメをタモ入れさせて下さいね。
ありがとうございました。

走行距離 311キロでした。
[PR]

by gattyo55 | 2007-10-24 23:05 | ■釣れたー。  

<< 台風接近中? 北茨城方面を偵察 (10月21日) >>