■ 日立港 沖堤 濁りとスナメリ(9月24日)

c0077827_18221380.jpg


昨夜は、大津港でマゴチを釣った後、湯楽の里に行った。
日立港第五埠頭からは10キロくらいあるだろうか?
露天風呂からは海が見える。
夜の海岸線を眺めながら、離岸流を探したり、メタルジグやジグミノーの遠投でヒラメが釣れないかと考えるのは楽しい。
夜の1時まで入浴できるので、時間があったら寄ってみる価値はあると思う。




朝3時半に、日立FCサウス店が開いた。
E-子さんに先日送っていただいた写真のお礼を言い、新たにヒラメ情報を仕入れた。
昨日は"かもさん"が久慈川河口でヒラメ&マゴチを上げたそうな...。
風の為、状況を見て5時より出船。
お店ではヒラメを釣った時に会ったオジさん達がいて、少し話した。
顔を覚えていてくれて、嬉しかった。(^_^)y


心なしかルアーマンが多い。
いつものポイントに入り、さっそく竿を振る。両脇をしっかり固められて、移動できず。
以前、50センチのヒラメをタモ入れしていただいた方もいた。
今日のテーマは、カラーチェンジ。白系と赤系で反応を見る。
今までと違い、ヒラメがいれば必ず喰ってくる自信がある。
一度でアタックしてこなくても、何回かワームを通せば必ず釣れる気がする。
72センチの大ヒラメの効果は絶大だ。

c0077827_18343227.jpg


沖側は久慈川の様な色。風と波が防波堤に押し寄せている。
こんな時にテトラに立ったらあの世行きだ。
内側も濁りがヒドい...。おまけに潮流の早いこと...。これぞ大潮?

いつもの様にリフト&フォールを繰り返す。
21gのジグヘッドでも底が取りにくい。

ヒラメの気持ちになって、考えてみる。
こんな視界不良で流れのきつい日には、目の前にあるエサにしか飛びつきたくない...はず。
追っかけるのだって、せいぜい40センチが限度...のはず。

c0077827_18345588.jpg

いつものポイントから始まり、沖堤中央まで探り尽くす。
ワームとブレードのカラーチェンジを繰り返すも、反応がない。
ベイトロッドの練習もかねていたので、何回か投げてみたがトラブルなし。
スピニングのように遠投はできないが、バックラッシュしなかったので助かった。
いつかベイトロッドでヒラメを釣ってみたい。
重点ポイントは念入りに特に探った。

午前9時頃、70mほどの所で、スナメリの背中が見えた。
楽しそうに、何をやっているんだろう?
海獣の類いがいる時は、魚の反応が悪い気がする。
濁りとスナメリのダブルパンチ、強敵だなぁ...。
まだ諦めず、いずれ釣れるだろうと楽観している。

防波堤で釣れているのはタコばかり。
ラッキーさんのブログにも出て来た大きなエイが、ひっくり返って死んでいた。

スタート地点に戻って休ませてあったポイントを攻める。
手前5mほどでなにかがヒット。かなり重いが根がかりではない。
魚の反応はないのだが、ヒラメを期待して引き上げる

c0077827_18351147.jpg

釣り上げたのは、まだ新品の投げ竿&リール。釣具屋の抽選会じゃあるまいし!
こんなゴミが沈んでいては、ヒラメも落ち着けないだろう。
相変わらず、スナメリが泳いでいる。

c0077827_18353316.jpg

12時、粘りに粘って、釣果なし。
さらば沖堤....。

c0077827_252527.jpg


帰りに久慈川河口へ行ってみた。
あまり河の臭いが好きではない。
新堤防も考えたが時間がないので、イシモチーズの間から数回竿を振る。
アタリもなく終漁。


帰って釣りビジョンのRUN GUN SALTを見る。
鈴木 斉さんの涸沼&那珂川シーバスだ。
[PR]

by gattyo55 | 2007-09-24 18:56 | ■釣れなーい。  

<< ジグヘッドと、あれこれ...。 北茨城 某OO港(9月23日) >>