■ 釣り人であることを呪いたくなる一日....。(9月16日)

連休ということで、北茨城の某港に出撃した。
狙いはもちろんヒラメだが、マゴチや真鯛も大歓迎だ。

夕方5時にさいたまの自宅を出発し、夜7時半に着いた。
強風の中、夜中の1時まで竿を振るが細かなアタリがあったのみ。
すき家で遅い夕食を食べた。翌朝に期待して、車内で就寝。

c0077827_154639.jpg


朝4時起床。まだ暗く薄気味悪い。おまけに相変わらずの強風。
防波堤に着くと夜が明けた。




それから...
投げても投げても根がかりする。
何度も何度も、ラインを編む。
もうクタクタだ。
別の防波堤に移動する。

そして、ここでも根がかり。
強風でジグヘッドが流れてしまうようだ。
集中力が保たない。

c0077827_15525053.jpg


そんな時、チータ86Hの竿先がポキンと折れた...。なんてこったい!!
ほぼ一年、ヘタクソな僕に付き合ってくれた竿だ。
精神的に落ち込む....。
仕方なく、予備のベイトロッドを使う。
しかしその後も根がかり連発し、おまけにバックラッシュを繰り返す。
もうダメだ...。
上州屋で新しいフロロラインを買い、巻き直す。
またまた別の防波堤に移動する。

c0077827_1553622.jpg

こちらの防波堤は、すごい人。すごいゴミ。
オキアミの甘ったるい臭いがする。
老若男女、サバやイナダの大フィーバーだ!!
僕はワームやジグで平物狙いするしかない。あぁ....少しはあやかりたい。
午後2時、この港に見切りをつけた。釣果ゼロ。
「肉食後の貧果」ジンクスは、本当だったのか...?
焼けクソの僕は、上州屋で7000円のシーバスロッド9.6fを買う。

日立沖堤も渡船終了時間が近い。
渡船客と入れ替わりに、第五埠頭に入れば、新堤防でゆっくり釣りができるだろう。
なんとなくホームグランドに帰るような気がしながら、車を走らせる。

c0077827_15532158.jpg


お腹が減り、八宝菜が食べたくなった。
メニューにあるか知らないけれど、カーナビでバーミヤンに行くことにした。
バーミヤンに行く途中で見つけた「つけ麺屋 大吉」に予定変更。
肉つけ麺?を注文した。
カウンターのニンニクが臭って倒れそうになったが、ラーメンはうまかった。

c0077827_15533582.jpg


夕暮れに包まれた新堤防は、かなり空いていた。
先ほどの某港と違い、閑散としている。
久慈川沿いではイシモチ狙い、他は青物とタコ狙いの人だ。

c0077827_1553532.jpg

ジャバロン110をジグヘッドで使ってみた。
何度か投げていたら、バックリ...。ヒラメかな?

夕方6時くらいまで、釣果を関係なくゆっくりできた。
さて、いよいよ風呂にでも行こうと新堤防を歩いているとサバが何匹も捨ててある。
持って帰らないのなら、逃がしましょう...。
魚を捨てるなら釣りは止めましょう...。

湯楽の里へ行く途中、上州屋に寄った。
午後7時半に湯楽の里に着くと満車。
仕方なく河原子港を偵察しに行くことに。
ルアーを投げてみたが反応なし。隣のサーフでジグの遠投ゲームを楽しんだ。
午後10時過ぎ湯楽の里へ行き、汗だくの体を洗う。
もうヘトヘトだ。
すき家でまた夕食。「肉食後の貧果」ジンクスなんて、どうでもいい。
明日の日立港沖堤に期待しながら、25時、車内で就寝...。zzzz....。
[PR]

by gattyo55 | 2007-09-17 19:21 | ■釣れなーい。  

<< 釣り人であることに歓喜した一日... デジカメ >>