■ 台風明けの海(9月9日)

c0077827_17181497.jpg

関東地方を直撃した台風9号は、凄まじかった。
台風の高波で避難した魚が、港内に逃げ込んでいるはず。
海は荒れているかもしれないが、沖堤で守られた大きな港なら竿を出せるだろう。
正午過ぎからの2時間ばかり、偵察をかねて某港に出撃した。




いつもお世話になっている"年上の親友"と宮城蔵王の秘湯へ行って来た。
毎年一度は脚を運んでいるのだが、1年ぶりに行ってみると様変わりしていた。
昔ながらの古い温泉が好きだったのに、ちょっと残念だ。
時代の流れということだろうか...。

本当は牡鹿半島でロックフィッシュを狙いたかったが時間がない。
c0077827_1735986.jpg
途中のコンビニで『釣り東北』という雑誌を発見し購入した。
後でゆっくり読もう。

正午過ぎ、北茨城の某港に到着。"年上の親友"も釣りに付き合ってくれた。
沖堤防では波しぶきが上がっているが、港内の波は穏やかだ。
"ライトウイング"な人達が、バーベキューをしたり水上バイクで遊んでいる...。
海底付近は砂が舞い上がって視界不良のようだ。

先日マゴチを釣ったポイントに行ってみると、ウキ釣り師がメバルを釣っていた。
他にカンパチを釣ったらしい。いいなぁ。
日陰を狙いたかったのだが、ウキ釣り師の邪魔になるので諦める。
弾道ミサイルの様にカンパチが泳ぎ回っている。
30分ほどワームを投げるが音沙汰なし。
ヒラメ〜。マゴチ〜。どこいった〜?
ブタベイトを試してみたが、手応えを得るには至らなかった。

潮が満ち、足下が水没してきたので、別の防波堤に移動する。
c0077827_17492199.jpg
ウキ釣り師は黒鯛やボラを釣っている。
腹を割かれたボラが転がっていた。

遠くにある別の防波堤には、ぎっしりと釣り人が並んでいる。
あそこは河口なので、普通に考えたら人気のスポットだろう。
川の濁りや釣り人の多さを考えると、僕には不向きなポイントだ。

気温が上がり、釣りをするのが厳しくなって来た。真夏並みだ...。
30度は確実に超えているし、コンクリートの上はなおさらだ。
二度、アタリがあったがうまく乗らず。残念!!
その後は、まったく無反応で釣れる気がしない。
"年上の親友"にも一度アタリがあったのみ。

防波堤の内側はこんな感じ。
c0077827_17494767.jpg
きっと魚も茹だっている。
c0077827_1750026.jpg
だれも釣れていない。

僕がやるなら、ポイントはこの防波堤の外側と沖堤の間だろう。
防波堤の内側に船道があるので釣れるかもしれないが、探る気が起きない。
先端部で根がかりをしてラインブレイク。
夕まずめまで粘る時間はない。今日は釣果なしで終わり。
あと数日し濁りが取れれば面白そうだ。
沖堤にもいつか渡ってみたい。

あ...ソルティ・ベイトのテスト忘れた。
[PR]

by gattyo55 | 2007-09-09 17:59 | ■釣れなーい。  

<< ジャバロン! ブタベイト >>