岸壁ジギングへGO

c0077827_20465580.jpg
デニーズで腹ごしらえして、いざ出発。

朝6時より市原市海づり施設で、岸壁ジギング開始。
c0077827_20355662.jpg
海の色は、ド茶色で汚い。汚濁色?
しかも、時たま生臭い...。
ルアーマンの多くが岸壁ジギング。しかし釣れていない。
ボラがはねている。
開始から1時間もすると、沖側のほぼ全ての支柱がイワシ釣りの人に占領される。
内側の幾つかの支柱を攻めるが、音沙汰なし。
c0077827_20353559.jpg
イガイばかりが釣れる。
10時までやって、終了。

11時半、海ほたるの寿司屋で、大してうまくない寿司を食べた。
c0077827_20595991.jpg
景色だけは最高だった。
北寄貝やツブ貝は、やはり北海道で食べた方がうまい。
海ほたるの駐車場で、昼寝をする。

午後1時半、本牧海づり施設に到着。
c0077827_20404558.jpg
沖桟橋は放っておいて、護岸で岸壁ジギング開始。
あいかわらず海は汚い...。
濁りがあるので黄色のジグに変えた
c0077827_2041171.jpg
午後3時ころ、黄色のジグで「幸運のヒトデ」を釣る。いい兆候だ!
その後すぐに、竿がしなる!!
どうやらシーバスらしい。
待ちに待ったシーバスに、余裕かまして引きを楽しむ。
足下に寄せてタモ入れをしようとしたら、エラ洗い....。
40センチほどのかわいいのが....フックアウトしました。残念。

その後、まったくアタリなし。
もう一度チャンスは来ると思い6時半まで粘ってみたけど、釣果なし。
最後まで慎重にやらないと、少ないチャンスをものにできない...のだ。
c0077827_20412780.jpg
沖桟橋ではエイが釣れていた。
c0077827_14122972.jpg
竿を大きくしならせ、10分ちかく上がってこなかった。
恐ろしいパワー。ヒラメだったら80センチ級かな?

市原も本牧も、釣り場は人でごった返していた。
魚にとっては空爆状態で仕掛けが海中に投げ込まれている。
おまけに炎天下。疲労困憊だ。
夕方、満潮へ向けてサラシが出始めたときはチャンスかと思ったが...。
もー少しきれいな海で水深のある所はないかな?

それでも岸壁ジギングを徹底的にやったので、いい気分転換にはなった。
夕暮れの富士山を見ながら、帰る。
[PR]

by gattyo55 | 2007-08-12 21:05 | ■釣れなーい。  

<< 日立港沖堤へ。(8月20日) 辛酸をなめる...。 >>