■ 釣り依存症....の僕。

「釣人」を心理学、精神医学的に考察すると「釣り依存症」という見方ができる。

釣り依存症の人の特徴はこんな感じ。
・釣りがしたくてたまらない。
・釣れなくても、釣りをしているだけで満足だ。
・釣りで死ねたら本望。(オイオイ)
・家族から冷たい目で見られながらも、逃げる様に釣りに行く。
・これを節約したら釣り具が買えるなどと考える。

防波堤には、ずらりと竿を出す依存症の患者さんで溢れかえっている。
まるで病院の待合室にいるかのごとく。
実際に釣り場まで通える人の何倍かの人が、何らかの事情で釣りに行けず、釣りのことを考えながら街中を歩き回っている。
この危険人物達は、街中を歩きながらも「釣り、釣り、釣り...。」と考えているのだ。
しかし、外見からわかるほどの重症釣り依存症は少ない。
街中でロッドやタモを持って信号待ちをしている人を見たことはない。
一般市民に紛れ、釣りへの依存をひた隠す。
そんな釣り依存症の患者さん達が、同じ依存症の患者さんと出会う場がある。
それは本屋と釣具屋。
本屋で釣り雑誌を読んでいると、気がつけば2、3人が並んで本を読んでいる。
暇さえあれば釣具屋に通い、店員に顔を覚えられる。
最近では、インターネットも依存症患者の出会いの場となっている。
患者同士が出会っても、依存症克服の方向へは進まない。
むしろ悪化するのが特徴だ。

どうして、釣り依存症になるのだろうか。
まずは背景として、依存症になる人には共通点がある。
・仕事や家庭で強いストレスを抱えている。
・孤独感や劣等感を持って、社会に馴染めないところがある。

そんな人が一度でも魚を釣ると、脳内でドーパミン神経が快楽を発生させ病み付きになる。
釣りこそが生き甲斐...。
釣りに行くのが楽しくてたまらない....。
またあの快感を....。
自然相手だから、毎回釣れる訳もなく依存度が上がって行く。

釣りを商売にしているメーカーも依存度を上げるのがうまい。
レジャー産業に占める釣り人口は減少が予想されているにもかかわらず、高額商品で利益を上げる。
なんで竿やリールに5万も払わなきゃいけないのか...。
依存症の人は高額商品を手にし、ますます依存度を上げてしまう。
それでいて低額商品も溢れているから、抜け出せない。
釣具屋のHPだって、魚が一匹でも釣れていたら、だれでも釣れるような気にさせる。
たいして釣れないところに大挙して訪れるものだから、魚は釣れず釣り場は汚れてしまう。

「今日から釣りは辞めます。」なんて、辞められる人は少ない。
依存症の人の共通点を解決しない限り、別の依存に走るだけだ。
アルコールや薬物の依存にだけはなりたくない...。

では、釣り依存症と上手に付き合うにはどうしたらいいのか。
・釣りの為に誰か(何か)を犠牲にしていないか。
・釣り場での対人関係は、明るく良好か。
・独りよがりで、閉鎖的な思考で釣りをしていないか。

上手に付き合えば、こんなに人生を通じて楽しめるものはないはずだ。
・釣り場でも、挨拶やゴミ拾いくらいしよう。
・釣りに行かない日も作って、家族や友人にサービスしよう。

釣り依存症の僕は、広島風お好み焼きを食べた後、釣具屋を2軒まわった....。
フィッシャーマンでBBインターロックの#0を買って来て、ブレードを作った。
c0077827_21492475.jpg
ブレードのサイズが小さくなると#1や#2では、穴が小さく動きがおかしくなる。

上州屋でイワシヘッド11gと7gを買った。
c0077827_2153389.jpg
だんだん装備が充実して来た。
[PR]

by gattyo55 | 2007-07-22 21:55 | ■釣り行きたーい。  

<< 旅の想い出 釣具屋めぐり >>