■ 進水式

いよいよヒラメッコ。を試釣しに行きます。

7時30分 東海村サーフ
風は微風の向かい風。
c0077827_2045765.jpg
曇り空でこんな感じ。
先行者がいたので「どうですかー?」と聞いてみたら、「ドブ臭い。川の水が入っている。」とのこと。
やはりドブ臭いと駄目なのか...。那珂川もそうだけど、茨城の川は臭いと思う。

今日はウェーダーや長靴のたぐいは持って来ていない。
濡れなきゃいいやとタカをくくっていたら、ザーッと波がやって来て靴を濡らす。
先行者達はみんな知り合いのようで、なにやら会議中。
その間にポケットからこっそりと「例のモノ」を出した。

c0077827_2055172.jpg
出番を待つヒラメッコ。
どうなることやらちょっと心配。

えい!
軽めに投げてみた。
ヒラヒラヒラ〜。
思った通り飛距離が出ない。

てぇい!
強めに投げてみた。
びゅーん、ヒラヒラヒラ〜。
おぉ、ステルス爆撃機のような滑空を見せてくれた。

着底したのを見計らってリールを巻いてみた。
おー、なるほど。ヒラメッコ。の様子が手に取る様にわかるぞ。

c0077827_20151078.jpg
水から上がり、スッキリした感じのヒラメッコ。

まだ釣ってもいませんが、言わせてください。

結論。これは使える!

重めのシンカーがあればもう少し飛距離がでるし、ヒラメッコ。の動きはなかなかいい。
問題は、ゴム。
ワームの素を買って、量産化しよう!

しかし、そんな暇ない...。

その後、日立港沖堤に移動し、根がかりに怯えながら、一投。
サーフより飛距離が出た。
ワーム素材ならイケル!
そう確信できた。
[PR]

by gattyo55 | 2007-06-24 20:22 | ■ヒラメッコ。  

<< 久々のヒラメ! 50cm 『ひらめががんがん釣れるニュー... >>